お伊勢参りにご参加いただき有難うございました。



H24.1.20(金)

 今月20日に、後援会の皆様のお力添えにより、初めてお伊勢参りに行くことができました。
平日にも関わらず、多くの皆様が、揖斐郡各地より参加いただきましたこと、心より感謝を申
し上げます。
 当日は残念なことに雨となり、足元の悪い中ではありましたが、日本人の心のふるさと伊勢
神宮を無事参拝することができました。また、参加していただきました皆様が、何事もなく無事
帰宅できましたことは、主催者側としては、何よりの喜びであります。これも入念に段取りし、
当日お手伝いいただきました後援会役員の皆様おかげでございます。ありがとうございました。
 本年はいよいよ、ぎふ清流国体・清流大会が開催されます。全国各地から選手を含め、多く
の国民が、この岐阜県各地を訪れます。もう一度岐阜県に行きたい。と思っていただけることと、
国体以降も整備した施設等が、今まで以上に、使われていく様にしなければならないと考えてお
ります。一過性のイベントにしていけません。ましてや2回目の開催です。
「国体にむけて」・・・を作る。「国体にむけて」・・・を整備する。だけでは四十何年前と何も変わっ
てない岐阜県になりますよね。県民の皆様が国体を注視していただき、今後のふるさと岐阜県を
考えるきっかけとなっていただくことも、この国体開催の重要な意味だとも思います。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする