民主ネット勉強会in多治見

7.22(木)

 本日は、多治見市のセラミックパークMINOにおいて、岐阜県民主ネットワーク臨時総会・勉強会に出席しました。
講師に前多治見市長・現山梨学院大学法学部政治行政学科教授 西寺雅也 様を迎えての勉強会でした。
 テーマ   地方自治の大切さを考える
     ~多治見市での経験を踏まえて~  
 上記テーマでの講演をいただきました。
またその後に各市の議会改革の現状報告という事で、多治見市・高山市議会における先進的な取組みについての
報告をして頂きました。
 今回の勉強会を通じ、改めて基礎自治体の大切さ、果たす役割りの重要性を学ぶ事ができました。
特に東日本大震災の復興も、地元地域を一番熟知している自治体が復興のカギとなる。自治体の主体的な取組みが
必要であり、今こそ自治体の力が問われているのだと確信いたしました。
 私も岐阜県議会議員の一人として、地域のことは「自分たちで決めている」と感じられる県政を構築していかなけ
ればいけないとも改めて思いました。
 また多治見市・高山市議会のように、議会基本条例を成立したりと、岐阜県議会も議会改革を進め、県民の皆様に
開かれた、そして議会としての政策立案能力も高めていきたいとも思いました。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする