平成23年 第3回定例会議 一般質問2日目を終え

 この議会では、多くの議員より、東日本大震災に付随する問題が多く質問されました。
その中でも皆様が大変心配されている原子力発電所に対する岐阜県としての対応については
より具体的な答弁を執行部に求めるという質問が多くありました。
 私の個人的な意見としては、子供達の事を考えれば、今後のエネルギーの方向性は見えて
いるに違いないと確信しております。
 確かに経済の事を考えれば、極端な切換えは難しいとは思いますが、岐阜県としも安心・安全
なまち、そして次世代の子供達の未来のために、方向性を示し、その方向性に段階的にもむかって
いただきたいと思います。政治がベクトルを示さなければいけません。
事故が起きてからでは・・・・

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする